商品カテゴリー

Microduino-OLED

型番 MicroduinoxFab003
販売価格

2,970円(税220円)

在庫数 2[個]
購入数

Microduino-OLEDは、SSD1306を搭載した0.96インチの解像度128×64OLEDディスプレイモジュールです。I2Cインタフェース、3.3V電源を使用します。

<Microduino- OLEDの主な特徴>
・アクティブライト、バックライトはなし、高視角範囲
・低い電圧、低い消費電力
・I2C通信

<Microduino- OLEDの使用方法>
1. Microduino-OLEDを使用する際に、Microduino−Cube-S1を用い接続する方法がオススメです。
OLED_Cube-S1

Cube-S1を使用しなくても接続・使用可能です。
OLED_coonect001

2.Arduino IDEをダウンロードし、インストールしてください。Microduinoのhardwareデータをダウンロードし、解凍してください。Arduino IDE内のHardwareに解凍したMicroduinoフォルダをコピーしてください。
Arduino IDEを起動し、使用の際にArduino IDEのツール→マイコンボードでMicroduino-Core(*使用するモジュール*)を選択してください。

3.ArduinoIDEにダウンロードしたライブラリ” u8glib library”をインポートしてください。

u8glib libraryは、下記URLにあります。
https://github.com/Microduino/Microduino_Tutorials/tree/master/
Microduino_Libraries/_01_Microduino_OLED_U8glib


データのダウンロードは下記ページ内のDownload ZIPをクリックしてください。
(Microduino関連のいくつかのデータも一緒にダウンロードすることになります。)
https://github.com/Microduino/Microduino_Tutorials

・文字や変数の表示はu8g.print (xx)関数を使用します。
・フォントの変更はu8g.setFont (xx)関数を使用します。
・座標の変更はu8g.setPrintPos (x, y)関数を使用します。
・スクリーンの回転(180度)はu8g.setRot180() 関数をvoid setup()内で使用します。
※使用する関数に関しては、ライブラリに含まれるサンプルプログラムをご参考ください。

※ Microduino core/core+のI2C通信は、"A4(SDA), A5(SCL)" または"D20(SDA), D21(SCL)"を使用します。

Microduino- OLEDについての追加情報・詳細情報は下記ページ(英語)をご覧ください。
http://www.microduino.cc/wiki/index.php?title=Main_Page
http://www.microduino.cc/wiki/index.php?title=Microduino-OLED
http://www.microduino.cc/wiki/index.php?title=Lesson_2--Microduino_OLED_Usage